立夏

まだまだ薄寒い日々が続きますが、
最高気温が20度を超える日もあったりして、
慌ただしい中であっという間に春が過ぎ、
立夏になってしまいました。

助川農園のあるいわき市の勿来地区でも、
4月に災害ボランティアセンターが立ち上がり、
(いわき市勿来地区災害ボランティアセンター)
時折、ハウスの前をボランティアの方々を乗せた、
マイクロバスが通ったりしています。

液状化が起きて地割れを起こした道路は
主要道路以外は、ガタガタな所はありますが、
スーパーなどに買物に行っても、品物が豊富にそろうようになり、
原発事故の影響で自主避難していた方も、
大分自宅に戻られたのではないでしょうか。
(久しぶりに直売所に顔を出してくれたお客様もいらっしゃいました)
ほぼ日常を取り戻しつつあるようです。

5月に入り、本格的に田んぼの準備が始まりました。
原発事故の影響で一時はどうなる事かと思いましたが
福島県より作付けの許可が出ました。
また、蛭田川沿いの田んぼで津波が入ったところがありましたが、
除塩をすることで大丈夫みたいです。
4月22日に種まきをしたので、来週末頃にはいよいよ田植えです!
5月4日撮影従姉妹たちと
↑取材の方がいらして、帰りに息子たちを撮っていました。
トマトはもちろん大好物です。